綺麗な写真を残しておきたいなら、キッチリとした撮影知識を

身に付けて撮影した方が良いに決まってます!!

 

コスプレ撮影をするに当たってこれだけは覚えておきたい

必要テクニックを伝授しますので覚えておきましょう!!

 

まずはカメラとクリックオンストロボのテクニック

を覚えておきましょう!!

 

 

という事でまずはカメラの用語自体が良くわからない

という方もいると思うので最低限覚えておいた方が良い

カメラ用語と一緒に解説していきます。

 

写真の明るさの調整

写真の明るさは

 

シャッタースピード

 

絞り(F値)

 

感度(ISO値)

 

の3つのバランスで決まるのでこの3つのバランスが

分からないと撮影が綺麗に出来なくて良い写真が撮れない

のでしっかり覚えましょう。

 

シャッタースピード

シャッタースピードとはシャッターが開いている時間の

事を言います。

 

長時間シャッターが開いている➔遅い➔ほどブレやすい

 

シャッターが開いている時間が短い➔早い➔瞬間の撮影が出来る

 

 

絞り(F値)

レンズに入る光の量を調整する機能で数字が

小さいほどピントの合う幅が狭くなりボケやすく

なります。

 

 

感度(ISO値)

光を捉える能力を表す数字で、数字が大きくなるほど光を

多く捉えるが、画像が荒れてしまいます。

 

※光を多く捉えると明るくなります。

 

 

撮影モードについて説明

 

撮影モード
名称 シャッタースピード 絞り(F値)
P(プログラムオート) カメラが自動設定 カメラが自動設定
S/Tv(シャッタースピード優先) 手動設定 カメラが自動設定
A/Av(絞り優先) カメラが自動設定 手動設定
M(マニュアル) 手動設定 手動設定

 

 

・P(プログラムオート)

 

写真の明るさが適正になるように、カメラが自動でシャッタースピードを

絞って設定してくれます。

 

初心者の方や迷った時は取り敢えずプログラムオートで

撮影しましょう。

 

 

・S/Tv(シャッタースピード優先)

 

シャッタースピードを手動で設定すると、写真の

明るさが適正になるようにカメラが自動で絞り設定してくれます。

 

動きのある撮影時に使用することが多いです。

 

 

・A/Av(絞り優先)

 

絞りを手動で設定すると、写真の明るさが適正になるように

カメラが自動でシャッタースピードを設定してくれます。

 

人物撮影時にボケ感にこだわって撮影したい時に使用

する事が多いです。

 

 

・M(マニュアル)

 

シャッタースピードと絞りをともにカメラマンが設定する。

 

全てのカメラマンが設定するため自由度が高いですが、

慣れるまでは少し難しいかも知れません。

 

 



 

撮影前のカメラテクニック

 

ピントの合わせ方

 

撮影での最低限必要なカメラテクニックは

 

”ピントを合わせる事”

 

 

 

人物撮影の基本は瞳にピントを合わせる事!!

 

 

 

カメラに付いている顔認証モードを使うと

自動でピントが顔に合うので便利です。

 

 

写真の色はホワイトバランス(WB)で操作


ホワイトバランスはカメラが行う色補修で白いものを

白く撮影出来ている状態が”適正ホワイトバランス”と

なります。

 

 

オート カメラが自動で自然な色に調整
曇天 野外の曇った場所で自然な色に
晴天 晴れた野外で自然な色に
蛍光灯 蛍光灯の灯りを自然な色に
電球 電球の灯りを自然な色に

 

 

色温度のK(ケルビン)という数値を自分で設定して細かく

決める事も可能。

 

初心者の方はモード選択で撮影するのが簡単なので

まずは撮影に慣れてきたと思ったら試してみましょう。

 

仕上がりに合わせてホワイトバランスを選択

 

ホワイトバランスは「色補修」機能ですが、撮影したコスプレの

写真を見ながら雰囲気作りに利用しても良いと思います。

 

表現したい写真の雰囲気に合わせてホワイトバランスを

選びましょう。




コスプレイヤーランキング